動くに動けない

本日の日経平均株価は1万8,810.25円・-172.98円と大きく値を下げてしまいました。またドル円は、110円前半まで値を落としました。


朝方には110.6円までは上がったのですが、豪中銀金融政策理事会での声明で弱気な姿勢が出てしまい、豪ドル円には売り方向へ。豪ドル円につられてドル円もコロコロと落ちちゃいました。豪中銀金融政策理事会において、労働市場は一部で軟化と表現。お蔭で利上げが遠いとの印象を受けてしまい、豪ドル円は84円台から83円台へと真っ逆さまに…。


色々厳しい状況が続きますが、さて欧州時間ですよ。どうなるかはここまで来てしまうと、サッパリです。だけど、こういう時にこそ冷静に対処したいものですね。

さて欧州時間になると、円買いが強めに出てしまったようです。ドル円は110.3円から、一時期110.6円まで上昇。でも110.7円へとは行かず、後は110.4~110.5円の間を行ったり来たりの状態です。


おそらく貿易統計をにらんで、手を出すに出せなくなっているのかもしれません。貿易が絡むということは、当然あの大統領も何かあるってことですよね。貿易統計の発表があるたびに、変に緊張します。またポンド円やユーロ円は、売りが強く出てしまいました。ポンド円は138円ギリギリの状態から、一気に137.2円まで下落。ユーロ円も117.5円まで下がってしまいました。


今は下値を探る展開と言った所でしょうか。でも上がる時はあるのかと問われると、答えに詰まります。

そしてNY市場は警戒感がかなり強く出ていました。ダウは39ドル高の2万689ドル。ドル円はNY早朝に110.5円から110.7円まで上昇はしたものの、110.7円からはほぼ微動だにしませんでした。


理由となったのが、近々訪れる予定のビッグイベント。貿易収支の発表もあり、6日からは米中首脳会談もあって動くに動けない状態。更に週末には雇用統計も控えているので、様子見ムードと言った所でしょう。でも何故か金は上がりに上がって、年初来の高値水準となりました。不安心理が働いたんでしょうかね?


さて東京時間です。5日は一休みつこうということなのか、特にイベントらしいイベントは無い様子。だからこそより一層株価や米金利の動きには、注意を払いたいものです。

今週の注目

1月~3月はトランプ政権の期待からドル円やダウもぐんぐん上昇していき、ウハウハ状態になっていた方もいらっしゃるかと思います。でも期待感は次第に薄れてしまいましたが、これからが”本番”と言えるかもしれません。


さて今週は、重要指標の発表が目白押しです。特に注目したいのが、ISM製造業指数と雇用統計。専門家はそんなに心配することはなく、寧ろ強気な数字が出るのではと言っていますが果たして…。でも弱気な結果が出る要素が見当たらないので、期待はして良いかもしれませんね。


また6日から始まる米中首脳会談も大きな材料になりそうで、特に貿易関係にはピリピリとしたムードになるかも?何せ今週は色々忙しくなりそうです。

ついに本格始動!

イギリスはいよいよ、EU離脱へ本格的に動き出しました。ただ動き出したからとはいえ、今直ぐに離脱する訳ではありません。今日はEU離脱文書をトゥスクEU大統領に提出し、イギリスのメイ首相は議会にて宣言。そして2年間にわたり、EUとの交渉が始まります。


イギリスに大きな動きがあったのか、ユーロ売りが強まっています。ユーロ円は119円後半から119.0円台まで値を下げました。一方ポンドはと言うとジリ高となっており、ポンド円は137円後半から138円前半まで値を上げました。


さてイギリスのEU離脱がどうなるかどうかは、まだ分かりません。でも片づけるべき問題が山積みで、かなり困難な道のりになるのは想像できます。一体どうなるのか…。

ドル円110円前半へ…

週明けのNY市場は春らしくぱ~っと晴れやかに☆とは程遠く…。東京・欧州時間の重い流れを受け継いで、円高ドル安が進みまくりました。


ダウも大きく売られる形となり、全体的にピリピリムード。医療法案が流れて以来、市場に悪い空気が流れまくりです。一方で税制改革法案が早く進むのではと見られていますが、トランプ大統領の手腕に疑問符がついている以上は何とも言えないのが正直な所。


ドル円も米債利回りの低下というパンチを喰らってしまい、110.1円にまで値を下げてしまいました。ただ米債利回りが回復したこと・110円手前で何とか持ちこたえていたこともあり、ドル円は110.6円まで復活。どうなるかと思いましたが、一応何とかなってホッとした次第です。

27日からの経済指標

もう春です。桜の花もそろそろと咲く頃かも?でも春の息吹を穏やかに感じたいものの、今週…嵐になりそう。だけど嵐になってもそれでもやってくるのが、経済指標の発表。さて今週の注目指標は?


27日は特にこれといって無し。28日はケース・シラー米住宅価格指数とリッチモンド連銀製造業指数も見ておきたいもの。そして30日には、特に注目したいアメリカのGDPの発表が控えています。予想としては前回1.9%よりも上回る2.0%と出ていますが、果たしてどうなるのか…。


3月最後の日には日本の消費者物価指数と、雇用統計の発表が控えています。ポジティブな予想が出ているものの、こちらもどうなるかは全くの未知数。
ここいらで挽回しないと、政府としても色々でしょう。

安倍内閣の支持率

安倍内閣の支持率が低下しており、風当たりが強くなってきています。要因となっているのが、森友学園の国有地払い下げ問題です。もし安倍内閣に「ゆらぎ」が出てしまうと、市場にも嫌な影響が出てしまうかもしれません。


ただ支持率低下は、確かに森友学園の問題も影響はあるでしょう。でも1番の理由としては、経済の低迷でしょう。一時期ドル円は120円以上もあり絶好調だったにも関わらず、今では110円台へとつけてしまっています。このまま行けば100円切るということも、有り得ない話ではありません。


でも今は特に慌てる必要は無いかと思いますが、一応注意だけはした方が良いでしょう。何が起こるのかが分からないのがFXです。慎重には慎重を重ねるようにしたいものです。

そして欧州時間ではドルよりも、ポンドやユーロの動きに注意した方が良いでしょう。どうなるかは全く分かりませんが、悪い方向へ向かうと円がとんでもないことになるかもしれません。


ついにブレグジットが、始まります。イギリスのメイ首相は、EU離脱の通知を29日に行うと発表しました。この通知が行われると、本格的にEU離脱へと動き出します。メイ首相は元々3月中に離脱通知をすると公言していたので、今のところは予定通りです。


イギリスがEU離脱へ本格的に動き出したとなると、ポンドがどう変動するのかは大きなポイントとなるでしょう。万が一離脱交渉が上手くいかなければ、春の嵐どころでは済まされません。


期間は2年あるので慌てることは無いと思いますが、言い換えれば2年しか時間が無いということです。

医療法案の行方

23日のNY時間はドル売りが強くなっており。上値が重い展開となっています。


焦点となっているのが、医療法案の行方です。実は23日に採決が予定されていたのですが、結局は明日へ延期となりました。もしこの法案が通らなければ、市場が期待している税制改革や金融規制改革にも嫌な影響が出てしまうかもしれません。またイエレンFRB議長の講演も行われましたが、金融政策については特に言及はされませんでした。


おかげでドル円は110.6円まで下落。でもダウ株価や債利回りの堅調さにより111円台までには回復したものの、医療改革法案採決の延期により110円台へ突入です。


医療法案が良いか悪いのかについては、何とも言えないのが正直な所。でも法案の行方がハッキリしておらず、不安心理を煽っているのは確か。果たしてどうなるか…。

東京時間は、今日は24日ですが、明日25日は土曜日。だから実質的に“ごとおび”になるので、ドル買いが優勢となりました。お蔭でドル円は111円前半までに上昇し、米債利回りの上昇を受けて更に111.4円にまで引き上げました。しかし勢いは続かず、111円前半の小動きとなっています。


一方ユーロ円はというと、序盤こそはドル円の上昇を受けて119円後半まで上昇。東京時間終盤には120円付近につける展開となりました。またユーロドルは、1.07$半ば~後半あたりを行ったり来たりの展開です。ちなみに日経平均株価は1万9,262.53円・前日比+177.22円の続伸となりました。


さて欧州時間です。特に市場を大きく動かすような材料は見当たりませんが、ヨーロッパ圏の製造業・サービス業関連の発表は注目ですね。

今日はお休み

本日は3連休最後の日。連休中はあまり意識はしないものの、「明日仕事」となると気も重たくなるもの。でも日本では休みでも、海外は今日から仕事。もちろん市場も動いてます。


ただ「動いている」とは言っても、東京市場が休みなのでほとんど動かず仕舞い。ドル円は112.6円の間を行ったり来たりの状態でした。でもドルが重く材料も無いとあり、一時期112.4円まで値を下げる場面も…。今日は欧州時間までは様子見で、見守るしかなさそうです。


さて欧州時間です。経済指標発表としては、ドイツ生産者物価指数・卸売売上高等が予定されています。でも直接市場を動かすようなものかと問われると返事に困りますが、一応チェックはしておいた方が良いかも?またアメリカの動向に左右されそうな動きになるかと思うので、米先物取引も見ておきたいですね。

欧州タイムに入ると、ドル安傾向にあった市場は少し落ち着きを取り戻しました。でも先週にはビッグイベントが目白押しだった為か、今は“ちょっと一休み”と言った所でしょうか。


米債利回りが低下したことを受けて、ドル円は112.6円から112.4円まで少し落ち込みました。でもその後利回りの下げが落ち着いたことにより、ドル円は112.8円につけました。ただ113円への壁はとても厚く…。しばらくは112円台が続くのかもしれませんね。ちなみに今日は、ドイツ生産者物価指数が発表されました。でも何とも言えない結果となったお蔭で、あまり反応は見られませんでした。


さてNY時間です。注目したいのはFRB要人達の講演です。今日はエバンス・シカゴ連銀総裁の講演があるので、内容次第によってはかなり動くかもしれませんね。

20日からの経済指標

朝晩はまだ冷えますが、昼は少し動いただけでも汗ばむほどの陽気。春ですね。でも春のうららかな季節になってもやって来るのが、経済指標。さて今週は?


まず22日の日銀金融政策決定会合は、押さえておきたい物。特に大きなサプライズは無いかと思いますが、今後の金融政策を占う上では見逃せないイベントです。同日にはアメリカの中古住宅販売件数も控えているので、チェックだけは忘れずに。そして23日に発表される、新築住宅販売件数も要チェックです。


今週はそんなに大きな指標はなく、細かい物が幾つかあるほど。そこまで気にするようなものでもないでしょう。でも確かに直接市場を動かすようなものでは無いものの、甘く見ていると痛い目に遭うので要注意です。

微妙すぎる指標結果

16日にアメリカの指標ラッシュが続きました。しかし…なんと言えばいいのやら…。 新規失業保険申請件数は、前回24.3万件に対して24.1万件になったのは好材料。住宅着工件数も128.8万件と、+0.3%を記録しました。しかし建設許可件数は121.3万件・-6.2%と振るいません。

フィラデルフィア連銀景況指数は32.8と一応予想は上回っているものの、前回と下がっているので素直に喜べない結果となりました。 また米10年債利回りは、2.53%から2.51%まで下落。

何とも言えない指標と債利回りの低下により、ドル円は112円台へと突入してしまいました。その後113円に一応戻したものの、ちょっと厳しい展開ですね。 果たして、東京時間になればどうなるのか。予算教書もありますが、読みづらいです。